ホーム花-TSUNAGIコラム3

お花を長くキレイに楽しむアドバイス

暮らしの中に「お花」があるだけで、気持ちが和やかになるだけでなく、元気でキレイなその姿は、生活の中に「彩り」をあたえてくれます。

購入したり、プレゼントで頂いたお花は、長く楽しみたいですよね?

花瓶に飾る前のひと手間で、生花は長持ちします。ここでは、切り花を楽しむポイントをお伝えします。

生花

花の持ち帰り方のアドバイス

  • 花屋さんにお願いし、茎には水を含ませてください。
  • 持ち歩くときは、花を上向きに。
  • 昔は「花首を下に向けてください」と言われてきました。しかし、逆立ちした状態だと、植物にストレスがかかり、エレチニンが増加する原因になります。
  • 長時間持ち歩かない。

ポイント1ラッピングを外します

  • 花束のまま飾らないでくださいね!包装紙やセロファンは、空気を通しにくいので、ラッピング材のままだと蒸れてしまい、生きているお花は呼吸が出来ません。
  • 茎の下を包んでいるアルミホイルも外してください。

ポイント1

ポイント2水揚げをします

  • 持ち帰ったお花をバケツやボールなどに水を入れ茎を浸してください。
  • 切れ味の良いハサミで2㎝くらいカットします。(切れ味が悪いハサミは、大切な茎を傷つけてしまいます)水を吸い上げる切り口を広げて整えると、十分に水を吸い上げることでお花もイキイキとしてきます。(余分な葉っぱや小さな蕾は、取り去ってください)

ポイント2

ポイント3お花の飾り方

  • 新鮮な水を花瓶や花器にいれ、お花を入れます。
  • 葉っぱが水に浸かっていると葉が腐り、水が汚れて行きます。すべて取りのぞいてください。(水に市販の切り花延命剤や切り花栄養剤を入れてあげると、より長持ちします)
  • 詰め込み過ぎないようにいけましょう。お花が蒸れてしまいます。
  • 風が通るようなイメージで、飾ります。
    切り花は、直射日光やエアコンの風が苦手です。明るく涼しい場所に飾りましょう。

ポイント3

ポイント4毎日のお手入れ

  • お花は生きています。花瓶の中のお水はバクテリアを発生させます。水を清潔に保つため、毎日のお手入れで水を変え、茎の下の部分を水の中で、少しカットし、切り口もリフレッシュします。(この作業を切り戻しと言います)
  • 茎のぬめりも軽く洗い流してください。
  • さらに花瓶や花器も中性洗剤で洗ってくださいね。
  • しぼんだ花や、痛んだ葉も取り除きます。

ポイント4